クダンノゴトシ ネタバレ・感想

クダンノゴトシ

七日後に必ず死が訪れるとしたら

あなたはどうしますか?

 

旅行サークルの大学生7人を載せた車が

異形の獣「件」を轢いたとき

逃れられない死が宣告されます

 

死の宣告から逃れることはできないのでしょうか

 

クダンノゴトシは

こちらで無料お試し読みが可能です

※サイト内で「クダンノゴトシ」と検索してください

 

クダンノゴトシ あらすじネタバレ

 

大学の旅行サークルの仲間で

伊豆へ卒業旅行へ行ってきた帰り

それぞれ就職が決まったメンバ―は

お盆休みあたり海外に行こうと話で盛り上がります

 

そんななか主人公の辻本光だけ

就職が決まっておらず

少し気まずい雰囲気になりつつも

彼女の千鶴にちゃかされたり

自分でおどけた見たり

社内の雰囲気は」悪くはありません

 

ですが、徐々にくらい道に車が迷い込んでいきます

カーナビにも載っていない道路を

雨の中走っていると

目の前にいきなり「ナニカ」が飛び出してきました

 

間に合わず轢いてしまったソレは

人間の顔おした牛のような異形の獣でした

 

恐怖のあまり、

棒で滅多打ちにする光たち

 

半狂乱になりながら、

帰りを急ぎます

 

ですが、レンタカーショップについた時

車にはなんの損害もなく

まるで何もおきたことがなかったのようでした

 

怖い出来事があった後なので

千鶴は光に泊まりに来てといいますが

光はなぜか気が乗らないのか

かたくなに断ります

 

実は光は自殺を考えていました

もう疲れたと遺書を残し、お酒を飲んで

首を吊ったとき

あの異形の獣があらわれました

 

「自ラノ死ハ認めない」

 

そして、始まりとも告げて消えていきます…

 

クダンノゴトシは

こちらで無料お試し読みが可能です

※サイト内で「クダンノゴトシ」と検索してください

 

クダンノゴトシ その後の展開

 

自殺するも死にきれない光は

友人たちに呼び出されます

 

千鶴と何故別れたのか?

 

光が本当は自殺していとは

考えもつかない友人たち

 

ですが、その中で一人

辰巳だけが思いつめたように

光に相談してきました

 

あゆみが好きだ

 

そして、あの日のあと、

人の顔をした牛の化け物が来て

7日後に自分が死ぬといわれたと言います

 

あゆみに告白しないで死にたくはない

 

そう漏らす辰巳でしたが

7日過ぎても死ぬことはありませんでした

 

しかし、あゆみの告白しようとしたその時…

 

あゆみ、信司、千鶴にも次々と降りかかる死の恐怖

ほかのメンバーや光本人についても謎が残ります

 

彼らの前に現れた化け物は「件」(=人+牛)と呼ばれ

何を目的としているのでしょうか

予言を言って死んでいくという妖怪らしいですが

何故7人に死の予言を残していったのでしょう

 

それぞれに訪れた逃れなれない死を前にして

最後までどういう行動をとるのかも見どころです

 

 

クダンノゴトシは

こちらで無料お試し読みが可能です

※サイト内で「クダンノゴトシ」と検索してください

コメントを残す