緋い初夜 「姫君の虐殺遊戯~人殺しごっこ~」 ネタバレ・あらすじ

  

 緋い初夜 ~家畜同然に売られた女たち~ 作:藤森治見 

 

暁姫(ぎょうき)は気に入らなければ
すぐに殺すというかなり危険な姫

父親の郭紹も娘の暁姫の
横暴を止めもせずに
むしろ率先してかなえています

国の政治を任せることは
できないと感じた家来たちは
二人を亡き者にしようとします

しかし、暁姫の行動にはあるわけがありました

死の淵で暁姫が救われるまでの話

  

緋い初夜はこちらで無料お試しよみが可能です

※サイト内で「あかいしょや」と検索してみてください

 

緋い初夜
「姫君の虐殺遊戯~人殺しごっこ~」
あらすじ・ネタバレ

 
広場で芸を見せる奴隷たち

それをつまらなそうに見つめる姫

その姫の名前は「暁姫(ぎょうき)」

芸を失敗した奴隷たちに

つまらない
殺して…

すぐさま処刑命令を出す姫

その中で、一人の少女が姫の目に留まります

あなたなにか面白いことできる?

少女の飴細工を気に入った暁姫は彼女を女官として迎え入れます

でも、その間にも悲鳴は続いていました。

姫付きの女官として雇われた少女の名前は李桂といいました。

姫の教育係の張表に連れられ女官として働着始める李桂は、早速、ほかの女官からのいじめにあいます。

それを見ていた暁姫は李桂を助け起こし、冷たいまなざしを女官に向けるのでした

李桂の飴細工を気に入った暁姫でしたが、その行動が変わることはなく李桂も恐怖を覚えます

李桂をイジメた女官、二人を豚にみたてて「肉屋ごっこ」をはじめ…
姫のお気に入りの李桂を悪く言うものへは非情な制裁を加えます。
女官の失態では、樽に入れた女官へ徐々に針をつきさす…

そんな行動には暁姫の愛を知らない環境が影響していると李桂は気づき始めます

なぜ人を殺してはならぬのだ!!

姫の行動をいさめた李桂に暁姫は叫び返します
ですが、逆らった李桂を殺すことはありませんでした。

背中には母親による虐待
そして、夜毎に続く父の…

李桂は暁姫の理解者となっていきます。

ですが日々続く暁姫と郭紹の横暴はついに謀反を決意させます

張表もついに本性を表します…。

そして、李桂と暁姫、分かり合えた二人ですが、暁姫の罪はあまりに重く許されるものではありません。

最後の機会に暁姫に差し出された物は…。
  

緋い初夜はこちらで無料お試しよみが可能です

※サイト内で「あかいしょや」と検索してみてください

 

姫君の虐殺遊戯~人殺しごっこ~ 感想

 
封神演義の妲己のような
美しくも残酷な姫

虐待を受け続け
人は人を憎むもの

気に入らなければ殺せばいいと
歪んだ育ち方をしてしまった
可哀想な姫

だからこそ、李桂の飴細工のように
何かを作り上げていくという事を
見るのがとても楽しいのでしょう

殺された奴隷に文官…
大量の犠牲者が許すわけないけど

最後の最後に李桂という
理解者が現れたのはうれしくもあり
かなしくもあり…。

最後の最後で張表の変わりっぷりにも驚かされました。
  

緋い初夜はこちらで無料お試しよみが可能です

※サイト内で「あかいしょや」と検索してみてください

 

コメントを残す