美醜の大地 復讐の為に顔を捨てた女 ネタバレ・感想 

 美醜の大地 復讐の為に顔を捨てた女 

 

公式あらすじ
いじめによってすべてを奪われた女が別人に生まれ変わり、地獄の復讐に身を投じる! 昭和20年、太平洋戦争が終わりかけていた時代、樺太(からふと)で生まれ育った少女・市村ハナは、醜い容姿のため女学校で凄惨ないじめを受けていた。いじめのリーダー格は大会社の令嬢・高島津絢子。彼女によって泥棒の濡れ衣を着せられたハナは、退学に追い込まれてしまう。やがてソ連軍が空襲を開始し、樺太から北海道へ逃れる船に乗り込んだハナ一家だったが、いじめグループによって船から追い出されてしまい……。

美醜の大地はこちらで無料お試しよみが可能です

※サイト内で「美醜の大地」と検索してみてください

美醜の大地
あらすじ・ネタバレ

 

顔を包帯だらけにした女性は
ハナと呼ばれています

 

美男子の整形外科医は
誕生祝といって何かを差し出しました

 

ハナの目的は一体何なのでしょうか

 

……

 

ハナは樺太で生まれました

昭和二年

女学生だったころ、ハナは陰湿ないじめにあっていました

 

お世辞にもきれいとは言えない顔

 

醜い顔となじられ、同年代の女学生たちに陰湿ないじめを受けています

 

樺太でも有数な会社の社長令嬢
高島津綾子

 

彼女をリーダーに非情な行為が繰り返されます

 

ミミズ弁当
醜男への恋文のねつ造
飼育していた動物の殺害

……

そして、泥棒の濡れ衣

 

陰湿ないじめにより学校も退学させられ
それでも家族で力を合わせて生きていたハナ達ですが
終戦とともに樺太から非難することになります

 

空襲から逃れ、命からがら避難船に乗り込んだ時
高島津による泥棒発言で避難船からも追い出されてしまいます

 

自分のせいで母と年端もいかぬ弟まで命の危険にさらせてしまった

 

それでも、次の避難船に乗ることができ、
新しい島では強く生きていこうと誓うハナでしたが
そのまま船は撃沈されてしまいます。

 

無念の表情で沈んでいく母

 

弟だけは死なせないと
必死に泳ぐハナですが

 

陸についたときには
弟も息絶えていました

 

醜い顔というだけで
何故ここまでの仕打ちを受けるのか

 

ハナは復讐を誓います。

 

そして手に入れた新しい顔

 

最初の復讐はハナにミミズを食べさせ
ウサギを殺した敏江

 

旅館の女将として
幸せに暮らしている彼女に思い知らせる時がきます

 

美醜の大地はこちらで無料お試しよみが可能です

※サイト内で「美醜の大地」と検索してみてください

 

美醜の大地 感想

醜い顔という事だけで
ここまで非道になれる

 

本当に人間て
醜いところを見せられると際限ないですね

 

中にはやりすぎたと
後悔している奴らもいましたが
いまさらですね。

 

それでもハナが非常になり切れない
弟と子供を重ねてしまう会なんかは、復讐者としてハナの危うさも露呈してしまったので、
今後の不安材料にならないといいんですが…。

 

高島津綾子は人を操るスキルが高いみたいなので、周りをいかにコントロールしてハナを退けていくのか見ものですね。

 

変態旦那様もなんだかんだ言って役に立ちそうです(笑)

 

最新話ではハナに気づき始めた人間も出てきて、ハナの復讐も一筋縄ではいかなそうですね。

 

復讐劇なので、どうしてもハッピーエンドにはならないと思いますが、ハナには笑って終わってほしいです。

 

美醜の大地はこちらで無料お試しよみが可能です

※サイト内で「美醜の大地」と検索してみてください

コメントを残す