私は天才を飼っている。 ネタバレと感想 一ノ瀬湖花の秘密の契約は

 私は天才を飼っている。 無料お試し読み・ネタバレ感想 

 

公式あらすじ
手に入れたいものを飼い慣らしたいなんて思わない・・・そんな瑚花(このか)がやむを得ず飼っているのは天才少年・浬(かいり)。2人が交わしている誰にも言えない約束って!?王道で異端、七尾流ラブストーリー開幕です!

 

私は天才をはこちらで無料お試しよみが可能です

※サイト内で「私は天才を」と検索してみてください

品行方正、容姿端麗な美少女
しかも、大手のIT企業の社長令嬢と、非の打ちどころのない主人公の一ノ瀬湖花(いちのせこのか)は、突然「自分を犬にしてください」と告白されます

 

なんでそんなことを言われるのか?

 

実は一ノ瀬湖花は、幼馴染の相良浬(さがらかいり)をペットにしているといううわさが…

 

でも、実はそれは湖花や浬に言い寄る男や女が多すぎて、それに辟易した美月の流したうわさが原因でした。

 

本当の浬を知っているのは湖花だけ

 

浬は実は超天才で湖花と同じ大学なのも、浬は湖花の為でした

 

でも、この二人には実は3つの秘密の契約が…

 

私は天才を飼っている
あらすじ・ネタバレ

 

一ノ瀬湖花は、幼馴染の相良浬をペットにしている?

 

そんな噂の為か、非の打ちどころのない一ノ瀬湖花に「ペットにして」と懇願する男(ヘンタイ)が後を絶ちません。

 

自傷ペットの浬もそんな状況を楽しみ名がら、ペットでーすなんて言いながら、一ノ瀬湖花によりつくおとこを駆逐していきます(笑)

 

11年前に一ノ瀬湖花の家にやってきた相良浬は、最初はすごくつめいたい目をする子供でした。

 

両親の死により一ノ瀬湖花のうちで暮らすことになった浬と暮らすうちに、一ノ瀬湖花は浬が天才だと気が付くようになります。

 

中学、高校と一緒の親友の美月ですらその事実を知りません

 

美月の浬の評価は

 

イケメンだけどバカ

 

そんな感じでとらえられていました。

 

でも、実際は湖花は浬に勉強をはじめ色々助けてもらってきていました。

 

浬に助けてばかりの湖花は、いつの間にか、浬がいなければいけていけないくらいになっていました。

 

私は天才をはこちらで無料お試しよみが可能です

※サイト内で「私は天才を」と検索してみてください

浬がやってきたばかりの時は、湖花の会社はまだ小さい起業でした、

 

ですが、ある日浬が作り出した、プログラムにより、あれよあれよという間に大会社へ成長していきます。

 

浬が天才だと知っているのは、湖花と父親だけ

 

父は浬の事を世間に公表したいと思っていますが、浬はそれを拒みます。

 

そして、もう一つ

 

湖花と浬はある契約を結んでいました。

 

その内容は…

 

1つ目
湖花がこまったときは、「かわいく」おねがいする事

 

2つ目
浬が天才という事実は公表しないこと

 

3つ目
浬が湖花を助けたら「なんでも一つ言う事を聞くこと」

 

湖花は浬が大好きだけど、ちょっと天然で自分でも気が付いていない見たい。

 

「会社を助けた」に対する浬の要望に「大人の男を喜ばせる方法くらい知っている」と反発する湖花は、部屋に鍵をかけ…

 

たまでは良いけども、結局やったのは膝枕(^^)

 

湖花の大人への道はまだまだみたいですね。

 

でも、次第に周りの人と接するうちに、浬の事が好きだと自覚するようになりますが…。

 

私は天才をはこちらで無料お試しよみが可能です

※サイト内で「私は天才を」と検索してみてください

 

私は天才を飼っている 感想

初登場の浬は軽い感じの美少年

 

でも実は天才、なんか影のある感じもしますけど、やっぱり肉親が死んでしまってというのも、関係しているのでしょうか。

 

でも、湖花にペットにされているって設定も喜んで受け入れている感じも含めて、天才って人を操るのもやっぱりうまいんだなぁと思います、

 

っというか湖花の設定の説明が「品行方正で才色兼備の純心」みたいな設定のはずなのに、

 

登場最初でいきなり「僕をペットにしてください」って告白受けたりしてて???な感じで笑えます。

 

でも、天才浬でも湖花の扱い?というか教育?は苦労しているみたいですね

 

男を喜ばせるっ~って、出てきたのが「膝枕」??

 

大学生なのにね(笑)

 

これから、湖花が大人扱いされていけば浬の思いも伝わるのかな~

 

3つの契約内容が二人の関係にどう影響してくるのかも気になりますね。

 

私は天才をはこちらで無料お試しよみが可能です

※サイト内で「私は天才を」と検索してみてください

コメントを残す