サタノファニ 作:山田恵庸 無料お試し読み・ネタバレ感想 優等生女子高生「甘城千歌」が男達に襲われた時…

center

 サタノファニ 作:山田恵庸 

サタノファニ 公式あらすじ
サスペンス×エロス×ヴァイオレンス、新連載!! 活発で食いしん坊な、普通の女の子だったはずの彼女は、 自らが犯した凶悪事件をきっかけに「羽黒刑務所」へと導かれる。 島に建てられたその刑務所には、メデューサ症候群と呼ばれる殺人少女たちだけが集められているのであった。彼女たちに宿る“凶悪”とは──!?『エデンの檻』『DEATHTOPIA』の山田恵庸、最新作!

サタノファニはこちらで無料お試しよみが可能です


>> スマホで無料お試し読み


>> パソコンで無料お試し読み

※サイト内で「サタノファニ」と検索してみてください

あらすじ・ネタバレ

1996年。

イタリア・パルマ大学の学者
ジャコモ・リッツォラッティが
ある大発見をする

 

DNAの発見に匹敵する脳神経細胞

 

ミラーニューロン

 

文字通り鏡のような機能を持ったこの細胞は
目で視たものを脳内で再現し
直接体験しなくても知覚することができる。

 

この機能により、人間は瞬時に脳内に相手を映し出し、その相手になりきることが出来る。

4月上旬

 

肌寒さがまだ残っている広島で
セーラー服姿の女子高生は、
車の助手席の窓雄全開して
外を見つめていました。

 

ラジオからは不穏な事件のニュースが流れています

 

17歳の女子高生が
連続殺人事件の容疑者として逮捕

 

最近では珍しくもない事件になってしまっていましたが
ここ数年で若い女の子が起こした殺人事件は倍増してるようです

 

どの事件も共通しているのは

 

普通の女の子がいきなり殺人鬼に変わる

 

通常では考えられないような
行動を起こして惨殺するというのです。

 

世間はそれをこう呼んでいました

 

メデューサ症候群(シンドローム)

 

桜の咲く高校の前を通りかかると
羨ましそうにそこに視線を向ける女の子

 

「よく見ておくといい」
「もう戻るこてゃない場所案だからな」

 

甘城千歌

 

彼女は5人を惨殺した容疑者でした

 

サタノファニはこちらで無料お試しよみが可能です


>> スマホで無料お試し読み


>> パソコンで無料お試し読み

※サイト内で「サタノファニ」と検索してみてください

甘城千歌の凌辱から豹変

お兄ちゃんがかっこよすぎて
恋愛に全く興味のない甘城千歌

 

授業中にも関わらず
からあげを浮かばせたラーメンを食べ切り、
4つの替え玉を頼んでご満悦

 

先生に見つかりちょっとお叱りもウケるも
何食わぬ顔で行内を歩いていきます

 

ちょっとした罰として風でスカートがめくれてしまうくらいはしょうがない

 

家に帰っても
両親は不在
アメリカ留学の兄もいない

 

いわゆる上流階級なのか
レ寸もいっぱいな甘城千歌は
ちょっと反抗してさぼってしまいます

 

ですが、それがすべての元凶でした

 

先輩とスイーツを食べに行くはずが
いわれるままにクラブに行き
しかもお酒を飲んで……

 

ミス常磐高校と呼ばれる甘城千歌

 

彼女をめちゃくちゃにしたい
そんな風に思うゲスな男たちの
恰好な的となってしまいます

 

介抱するという名目で連れ込まれた部屋

 

 

5人の男たちに
かわるがわる嬲られていきます

 

「もう…やめてください」
「やああ!!許して!!」
「いや!!!」

 

 

ショーツもちぎられ
男たちの慰み者になっていき…

 

ここまでなら、ただの凌辱になるのですが
甘城千歌はここで覚醒します

 

ショーツを切ったカッターを
素早く奪い取り

 

無表情でそのまま一閃

 

男の頸動脈にざっくりと切りつけます

 

悶えながら苦しむ男をよそに
たった2分でその場の男たちを惨殺します

 

そして冒頭に戻ります

 

最後に定食屋で
大好きなコロッケをたべながら
警察のおじさんい話始めます

 

じぶんがしたことwおぼえてない

 

でもあの時、

 

甘城千歌が凌辱されていた時

 

全てはビデオでとられていました

 

正当防衛は認められず、
凌辱犯たちの遺族には
むしろ罵声を浴びせられるという
理不尽極まりない裁判

 

凌辱しようとしたというのに
いくら殺されたからといっても
罵声をあびせるとか理解に苦しみます

 

でもいくら覚えていないといっても
信じてもらえるわけもなく
甘城千歌は逮捕されたのでした

 

そしてこれから送られ鵜の歯
特別な監獄

 

メデューサ症候群の少女

 

彼女たちだけが集められた監獄でした

 

center

 サタノファニ 作:山田恵庸 

サタノファニはこちらで無料お試しよみが可能です


>> スマホで無料お試し読み

>> パソコンで無料お試し読み

※サイト内で「サタノファニ」と検索してみてください

コメントを残す