狐の嫁入り 作:ちより 獣美少年との甘いラブ

 狐の嫁入り 作:ちより  

 

公式あらすじ
狐の青年と人間の少女の、切なく美しい妖艶物語。夏祭りの夜、不思議な青年に出会った月子。彼に誘われ行き着いたのは“狐”の世界―― そう、彼の正体は狐だったのだ。名前のない彼に“ギン”という名を贈り、ゆっくりと惹かれ合う2人だったが…?

狐の嫁入りはこちらで無料お試しよみが可能です

※サイト内で「狐の嫁入り」と検索してみてください

「狐の嫁入り 作:ちより 獣美少年との甘いラブ」の続きを読む…

銀の鬼 作:茶木 ひろみ ネタバレ・感想 人食い鬼に見初められた少女

銀の鬼 作:茶木 ひろみ

 

幼いころにあった鬼は
人食い鬼でした
大人になったら食べにくる
そう告げた鬼におびえる日々を過ごした
主人公の高校生ふぶきは
その悩みを打ち明けたあと
デジャブを感じる目を持った転校生に会います
人食い鬼と同じ目をした美少年
彼はふぶきを食べに来たのでしょうか

 

銀の鬼はこちらで無料お試しよみが可能です

※サイト内で「銀の鬼」と検索してみてください

 

銀の鬼 あらすじ・ネタバレ

幼いころに親から
理不尽な怒られ方をした
主人公のふぶきは
家に帰らずに公園にいました

「銀の鬼 作:茶木 ひろみ ネタバレ・感想 人食い鬼に見初められた少女」の続きを読む…

愚者の皮 チガヤ編  感想 ネタバレ 純朴な少女チガヤが○○されるまで

costume-600219_640

愚者の皮 チガヤ変

作;草野誼

こちらで無料お試し読み可能です

>>まんが王国<<

 

前作「愚者の皮」の続編。

 

前作のあよの妹が主人公ですが、時間軸は不明なため、

 

前作とのつながりはほとんどありません。

 


あらすじ ネタバレ含む


 

八子の兄と一緒に山道を歩く少女

 

自分の重い花嫁道具を持たされて、

 

向かう先は、山林持ちの富豪の家

 

少女の名前は千茅(チガヤ)

「愚者の皮 チガヤ編  感想 ネタバレ 純朴な少女チガヤが○○されるまで」の続きを読む…

ワンダーランド 「スプライト」の作者「石川優吾」が描くダークファンタジー 感想(ネタバレ)

ワンダー01

ワンダーランド
著者・作者
石川優吾

こちらで無料お試し読みが可能です
>>まんが王国<<

 

「ワンダーランド」のあらすじ | ストーリー

日本のとある街。平穏な日々を過ごしていた高校生のゆっこは、ある朝自分の異変に気付く…なんと、自分の体が小さくなってしまっていた!!動揺するゆっこ。だがそれは、彼女を取り囲む全てのものが、巨大化して襲いかかる、恐怖の始まりだった…!!飼い犬のポコと共に、この混乱した世界に出て行くことになったゆっこ…果たして、彼女は生き延びることができるのか…!?彼女を含む多くの人々が小さくなってしまったのは何故なのか、そしてゆっこが出逢った謎の美少女「アリス」の存在…彼女は何者か!?謎が謎を呼ぶ、スリルとサスペンスに満ちた大人気ダーク・ファンタジー、ついに開幕!!

昔、ジャングルの王者たーちゃん(古!)で、

 

 

適役で、人間サイズになった昆虫が敵として出てきたことがありました。

 

 

人間サイズになると、あらゆる動物は、

 

人間は絶対に勝つことができない能力を持っています。

 

 

人間は知恵と勇気で生存競争を生き抜いてきましたが、

 

 

根本的には、世界で最も弱い生物のような気がします。

 

 

この作品は、そんな人間が、小動物より小さくなったときどうなるか、まざまざと見せつけてくれます(怖)

 

 

ワンダーランドの1話はこちらで公開開始されていました。
ぜひ読んでみてください

>>まんが王国<<
*サイト内「ワンダーランド」と検索してみてください

 

 

 


以下ネタバレ感想


 

 

主人公のゆっこは普通の女子高生

 

 

いつもの日常と同じ

 

 

スマホの目覚ましで起こされて……
ん?

ちょっとおかしいよ??

アイコンでかくない??

めざまし止まらないし!

勉強しすぎかな??

ってか、あたし体ちいさくない?
こんな感じで目が覚めると、窓の外が非常にうるさいっ!

 

 

夢だと思って、二度寝を試みるも気になって

 

 

どうせ、夢だし、体小さいから

 

 

愛犬「ポコ」の背中へ飛び乗るゆっこ

 

 

意外とあっさり順応してます(夢と思ってるからだと思うけど)

 

 

このサイズだと、ベットから飛び降りたりするのでも、致命傷ですよ。
そして、気になるカーテンの外を見てみると…

 

 

ワンダー05

カラスの群れが
窓を
割ろうとしている!!
このサイズ視点のカラスは完全に

 

 

FFシリーズの「ズー」やらファンタジー定番の「バンシー」やら

 

 

完全にモンスターです!

 

 

恐ろしい光景に驚き転んでしまうゆっこ。

 

 

痛みによって、これは夢じゃないと思うようになります。

 

 

お父さんお母さんは??

 

 

両親の無事を確かめるべく

 

 

ポコに乗せてもらって、家の中を捜索開始します。

 

ワンダーランド
「スプライト」の作者「石川優吾」が描くダークファンタジー
こちらで無料お試し可能です
>>まんが王国<<

 

 


気になる両親の行方は…


 

 

両親の寝室についたゆっこは

 

 

血の付いた布団を発見します

 

 

愛犬「ポコ」に「ポコちゃん。ママどこ?」

 

 

利口なポコは家の中を捜索してくれます。

 

 

台所についたところで、

 

 

さすがの忠犬ポコもエサにはかなわず(笑)

 

 

ふらふらとエサ箱へ…
そこで、なんと、流しの下に隠れた両親を発見。

 

 

無事を確かめるべく走り寄るゆっこに
こっちへ来るな!!
父親の叫びが飛びます。そして……

 

いきなり父親が吹っ飛びます!!

 

 

ワンダー04

クリティカルヒット!!(驚)
猫!!

 

 

いやっ猫好きの私としては

 

 

なんか悪者みたいで、アレですが、

 

 

しかし、猫とはこういう生き物です。

 

 

父親が動かなくなると、次の狙いはゆっこ…
母親も決死の覚悟で…

 

今のうちに
部屋に戻って!

 

 

………

 

 

愛犬「ポコ」に頼んで、自分の部屋まで逃げ帰ってきたゆっこ

 

 

何がどうなっているの?

 

 

町の中は、小さくなった人々が

 

 

動物たちによる捕食対象として

 

 

凄惨な光景が……

 

ワンダーランド
「スプライト」の作者「石川優吾」が描くダークファンタジー
こちらで無料お試し可能です
>>まんが王国<<

一部の地域のみ人間が小さくなった?

 

 

世界の人類がこのように小さくなってしまったのか?

 

 

でも、後半では通常通りラジオが流れていたり

 

 

一部の地域のように示唆されています。

 

 

外の世界からの助けは来るのか?

 

 

ゆっこはどうやって猫と立ち向かうのか?

 

 

人間が小さくなる物語って

 

 

ミクロの決死圏とか、誰かを救うための技術で描かれることが多かったと思いますが、

 

 

この作品のように、

 

 

小人ではなく、小人になってしまった人間を描くというのは

 

 

斬新で面白いと思います。

 

 

ワンダーランド
「スプライト」の作者「石川優吾」が描くダークファンタジー
こちらで無料お試し可能です
>>まんが王国<<