善悪の屑 復讐は誰のために 感想 ネタバレ

善悪の屑

作:渡辺ダイスケ

善悪の屑

こちらで無料お試し読み可能です

>>まんが王国<<

 


善悪の屑 あらすじ (ネタバレあり)


 

どこにでもある商店街

 

そこの一角にある「カモメ古書店」

 

そこには、普通では販売していないものが販売されています。

 

「この本おいくらですか」

「いくら出せるの?」

「○○の三か月分で」

 

奥の部屋に通された女性は、ここに来た理由を話し始めます。

 

7年前、シングルマザーで子育てに頑張っていたとき

宅配便を装った暴漢におそわれ、

更に、目の前で最愛の息子を殺されてしまった。

犯人は捕まったものの、未成年ということで、

たいした罪にも問われず、今年釈放された…。

 

そんなやつが

のうのうと生きている

どうしても許せない!!

 

「カモメ古書店」は理不尽な仕打ちを受け、

司法ではさばけない悪人に復讐する「復讐屋」の依頼口だった。

 

いつまでも泣き止まない子供の幻影に苦しむ女性

 

依頼を引き受けるのは気分次第といっておきながら

 

しっかり、依頼人の気持ちを受け取る復讐屋「鴨ノ目」

 

直情的に熱くなるが屑(悪人)はすべて排除する「トラ」

 

二人による復讐代行が開始される

 

善悪の屑

こちらで無料お試し読み可能です

>>まんが王国<<

 


犯罪者にそれ相応の報いを!!


 

こういう風に考えるのは異常でしょうか?

 

この作品はただ単に、復讐を実行するさまをグロイ描写で見せるだけではありません。

 

善悪の屑1巻には大まかな4つのストーリが収録されています。

 

どれも、ニュース等で話題になった事件をモチーフにしています。

 

当時、私もニュースを見ながら、未成年とか、精神的にとか、証拠がとか、

 

もやもやした気分で報道を見ていました。

 

この作品には、加害者ばかり優遇されて、被害者のことを見ない、社会の問題を、

 

漫画ならではの表現で、「犯罪者にそれ相応の報い」をまさにハンムラビ法典のごとく罰を下してくれます。

 

特に、一話目の話では、もとになった事件はおそらくこれでしょう。

 

「光市母子殺害事件(ひかりしぼしさつがいじけん)」

 

あまりの内容と、被害者の置き去りっぷりに怒りを覚えました。

 

被害者の夫が「司法に絶望。出所したら自分が死刑にする」とまで明言するくらい。

 

善悪の屑では、しっかりと、その辺を短銃明快に「スッキリ」させてくれます。

 

そのほかにも

◆中野富士見中学いじめ自殺事件

◆女子高生コンクリート詰め殺人事件

◆18歳少年らボール代わりにウサギ蹴り殺す

こういった事件をモチーフにした話が収録されています。

 

どの事件も、悲しくて、憤りを覚えるものばかりです。

 

現実の事件も、加害者ばかりでなく、

 

被害者を救うために社会が動いてくれるようになるといいですね。

 

この作品の依頼人は復讐することよりも、

 

自らが救われることを切に願っているように思えます。

 

善悪の屑

こちらで無料お試し読み可能です

>>まんが王国<<

難病が教えてくれたこと~あなたの身近にいる闘病者たち~ 子供と読んでほしい 感想ネタバレ

難病が教えてくれたこと

~あなたの身近にいる闘病者たち~

 

mammbyou

 

もし自分の子供が、医者から突然

 

「この病気は一生治なおりません」

「長くは生きられません」

 

といわれたら……。

私は、「なんで?」「どうしてこの子が?」「元気な子に産めなくてごめんなさい!」

っと、悩んだり、自分を責めると思います。

 

この作品はそんな難病と戦う子供と、病気にともに立ち向かっていく家族の物語です。

 

子育て中の親なら読んでおくべき内容だと思います。

 

子供がいるなら一緒に読んでほしい作品でもあると思います。

 

難病が教えてくれたこと

~あなたの身近にいる闘病者たち~

こちらで無料お試し読みが可能です

>>まんが王国<<

 


突如告げられる難病


この作品には複数の病気の話が掲載されています。

 

◆「小児糖尿病」

◆「進行性骨化性線維異形成症」

◆「プラダー・ウィリー症候群」

◆「小児くも膜下出血」

◆「ヒト乳頭腫ウィルス」

 

正直、無知な私は、こういう病気があるのをまったく知りませんでした。

 

かろうじて知っていたのは「小児糖尿病」くらいです。

 

それすらも、名前を知っている程度で、

 

この作品を読むまではどれほどつらいものか全くわかりませんでした。

 


◆はしりつづける【小児糖尿病】 前半あらすじ(ネタバレ)


 

大地くんの最初の症状は発疹と微熱が3日つづいたことが始まりでした、

 

生後8か月の時だったので、医師から「突発性発疹」との診断をうけただけ。

 

この年齢の赤ちゃんなら、最初にかかる病気として有名な物なので、

 

大地君のお母さんも安心していました。

 

しかし、数日後、今度は大地くんは呼吸困難で病院へはこばれました。

 

そこで初めて病名が明らかになります。

 

「小児糖尿病」

 

子供なのに糖尿病?と思いましたが、「糖尿病は治る病気」だから大丈夫と、

 

そこまで深刻に考えていませんでした。

 

しかし、そんな甘い考えは医師の一言で吹き飛びます

 

大人の糖尿病というのは生活習慣病

 

つまり、大人の場合は肥満や暴飲暴食…簡単にいうとたべすぎが原因

 

そのため、運動や食事で回復する見込みはある

 

でも、子供の場合は、そもそもの内臓の疾患のため、治療しなければならず、

 

それは一生終わることのないものでした。

 

◆毎日のインスリン注射

◆毎日の血糖値数値の記録と、食事制限、薬の調整

◆低血糖防止のための糖分補給

◆万一、低血糖になったときのために常に糖を携帯

 

これを一生続け、意識していかなければならないという事でした。

 

赤ちゃんなので、当然、注射はお母さんが打ちます。

 

最近では、小児科でも注射やちょっと痛いことをする診察の時は

 

両親は診察室や治療室から退出させられます、

 

それは、痛い事をされているのに、お父さんお母さんが助けてくれない

 

そういう感情を子供が抱いてしまわないようにという配慮のようです。

 

しかし、大地君のお母さんは、そうは言ってられません。

 

どんなに嫌がる大地君だろうとも、心を鬼にして注射しなければなりません。

 

赤ちゃんの大地君にとっても、お母さん以とってもとてもつらい日々です。

 

そのうちに、注射針をみただけで、大地くんは怖がるようになり、

 

注射の時間になるたびに大泣きするようになってしまいました。

 

当然、警戒心が強くなる大地君。

 

あまり笑わない、ストレス、心ない言葉によるいじめ、

 

無知な子供による「命の危機」になってしまういたずらなど

 

厳しい日々が続いていきます。

 

それでも、お母さんに「生きて!」と愛され頑張っていく大地君や

 

家族の姿勢に心打たれます。

 


知って共感する=支援になる


 

この作品は子育て中の親にも読んでもらいたいですが、

 

何よりも、漫画を読める子供にも読んでほしいと思います。

 

子供というのは、悪くしようとして、悪い行動をとっているものではなく、

 

知らない=無知ゆえに、悪をなしてしまっている場合が多いと思います。

 

この作品の中にも、無知ゆえに大地君を命の危険にさらしてしまいます。

 

まったく知らなかった私が言えたことではないですが、

 

一人でも多くの人が知ることが、何より、難病と闘う人にとって助けになると思いました。

 

難病が教えてくれたこと

~あなたの身近にいる闘病者たち~

mammbyou

こちらで無料お試し読みが可能です

>>まんが王国<<

ARCANA(アルカナ)  霊感少女と刑事(心霊苦手)の事件簿 無料お試し読み 感想ネタバレ

ARCANA(アルカナ)  無料お試し読み 感想ネタバレ
作:小手川ゆあ

ARCANA

幽霊が見える記憶喪失の女の子「まき」ちゃんと
関西系のノリのいい刑事「村上」

 

二人が難事件怪事件に挑みます

 

こちらでスマホで無料お試し読みできます
>>まんが王国<<

 

「ARCANA」のあらすじ | ストーリー

連続爆破事件を捜査中、村上謙省が出会った記憶喪失の少女。彼女は死者と会話し、霊を具現化できる特殊な能力を持っていた。行動を共にしていく中、次第に明らかになっていく彼女の秘密とは―!?現代社会の影に迫る―!

 

 


 

感想・ネタバレ


 

 

大学生時代に小手川さんの作品結構読みましたが、

 

アルカナはスルーしていました…なんでかな?

 

今回読めたのはラッキーです。
連続小学校爆破事件を追っている刑事「村上」は

 

爆破予告が来る前に警告を入れてきた医師に事情聴取へ

 

そこで、実際に爆破予告を教えてくれた女の子にであう

 

記憶喪失の女の子は村上が話す前から

 

捜査一課の村上謙省刑事

 

村上のフルネーム当ててしまいます。

 

なんでやねん??

 

当然の疑問を持つ村上

 

あなたの
後ろの人が
教えてくれました

 

そうです、女の子は「霊」見えちゃってます

 

そんなばかなと相棒中林がおちゃらけていると

 

借金は早く返したほうがいいですよ

 

ガチでみえてます(笑)

 

実は村上刑事、心霊現象とかめっちゃ苦手っ!

 

 

おかしくなりそうになりながらも

 

 

まきちゃんのところに再び子供の霊がやってきます

 

 

次の爆破予告の場所をつげて消えた子供

 

村上刑事とまきちゃん(ついでに中林も)は現場に急行します。

 

ARCANA(アルカナ)

こちらでスマホで無料お試し読みできます
>>まんが王国<<

 


◆がんばれ!村上刑事!


 

 

霊感に頼って事件解決!!

 

でも某探偵漫画のように眠ったままで事件解決で

 

株が上がるのとはわけが違います。

 

なにせ、報告書かけないから(だって霊が教えてくれる)

 

いつだって、手柄がない

 

ゆえに、左遷される村上刑事

 

そして、相棒中林(笑)

 

名前がないと不便だということで

 

記憶喪失女の子に「まき(仮)」と名付けて

 

難事件、怪事件に挑んでいきますっていうか

 

毎回、まき(仮)に巻き込まれてます(笑)

 

ジャンルとしては、サスペンスホラーですが

 

怖いとかではなく、ほのぼのな感じ、ちょっとシリアスでとっても面白いです。

 

小手川先生は独特の店舗でまんがが進みますし、

 

絵も好みなので、サクサク読めちゃいました。

 

最近、小手川先生の漫画がどんどんまんが王国で紹介されているので、なつかしくてれしいです。

 

 

ARCANA(アルカナ)
作:小手川ゆあ

こちらでスマホで無料お試し読みできます
>>まんが王国<<

 

愚者の皮 感想とネタバレ 復讐の物語から一転 感動のストーリー

愚者の皮

作:草野誼


こちらで無料お試し読みが可能です

>>まんが王国<<

※サイト内検索で「愚者」と検索してください

 

「愚者の皮」のあらすじ | ストーリー

幸福と不幸を分かつものは、ただひと張の薄皮のみである――。愛する夫・英馬のために日々を過ごしてきた妻・あよ。容姿端麗で心の優しいあよは、英馬の自慢の妻だった。しかし、そんな円満夫婦の元に起こる突然の不幸……。交通事故で命は助かったものの、美しい顔に傷を負ったあよ。夫のため、整形手術を受ける事にしたのだが――? 夫婦の愛の形。人間の神髄に眠る本当の美しさ、醜さとは――!? 究極の人間ドラマがいま始まる――!


前半部分あらすじ ネタバレあり


 

結構裕福で幸せな夫婦がおりました。

 

お互いを気遣い、ボランティアに精を出す、妻の「あよ」。

 

 

子宝にも恵まれ順風満帆のところに悲劇が起きます

 

 

あよのちょっとしたこだわり(大好きな夫「英馬(えいま)」にあげたコートのボタン)で、交通事故にあってしまいます。

 

 

おなかの赤ちゃんも、美しい顔もなくしてしまい、失意に沈むあよ。

 

 

そんなあよに、夫「英馬」は……

 

 

なんと、美しい顔に戻らないことが残念で、

 

 

しかもそれを口にするというクズ野郎っぷり!

 

 

失礼、言葉が荒れました。

 

 

それでも、英馬の心を取り戻そうと、美容整形手術に頼るあよ。

(嫌な予感しかしません(滝汗))

 

 

ふつう、そんな態度とったら、千年の恋もさめますよ。健気です…あよ。

 

 

しかし、怪しいっというか、腕の悪そうな美容整形外科は案の定、大失敗します。

 

 

しかも、出来上がった顔が、

 

うちの2歳の息子の持っているウルトラ大怪獣に出てきそうなすごい顔。

 

 

さらにこのクズ野郎は…、えー、一応、夫の英馬は、

 

 

その顔をみておう吐します(; ・`д・´)

 

 

英馬はすぐにあよを見限って、

 

君(あよ)が望むならと、家財一式うっぱらって、姿をくらましてしまいます

 

 

いくら感情的に、あなたに愛されないなら路上で物乞いでもするわみたいなこと言ったからって、それで、はいそうですか、じゃ家財一式うっぱらいましたって、鬼の所業だろ、このピザ野郎(←この後イタ飯やで働いてます)

 

 

もうね、つらい、読んでるのがつらい。

 

 

それでも、あよの心はきれいなんですね。

 

 

ボランティアに行っていたおばあちゃんのことはちゃんと覚えているんです。

 

 

顔が悲惨なことになったあよに、痴呆のおばあちゃんは優しく言葉をかけます。

 

 

おばあちゃんに一縷の癒しをえたあよ。

 

 

しかし、おばあちゃんは突然亡くなってしまいます(;_;

 

 

何もかも失ったあよ。

 

 

しかし、このとき、あよに大金が舞い込んできます。

 

 

おばあちゃんの形見の汚い枕。

 

 

そこにはなんと札束がどっさりはいっていました。

 

 

ちゃんとリボンをつけて、まるで、あよにプレゼントするために用意されていたかのようでした。

介護士からも煙たがられていた、おばあちゃんからの贈り物だったのでしょうか。

 

 

大金を手に入れたあよでしたが、それでも、一途に英馬のことを想います

 

 

こんなお金があったって…

 

 

英馬に出会ったときの事がよみがえります。

 

 

そうだ、英馬は恰好や容姿ばかり気にしている、

 

私に勇気をだして、自分のもとに来いといってるんだ。あの時のように。

 

思い立ったあよは、英馬にもらった思い出のドレスを着て、

 

勤務先の「レストラン」まで駆けていきます。

 

英馬!!

 

 

周りから見たら、叫び声をあげられるような姿でも

 

 

一心に、英馬のもとへ飛び込んでいくあよに…

 

 

またも嘔吐!

 

 

自分のことを顔しか見ていなかったと悟ったあよの心は

 

 

復讐に染まっていきます。

 

 

手元には、おあばちゃんが残してくれた、お金があった。

 

 

それをつかってあよはありとあらゆる復讐を実践していきます。

 

愚者の皮

こちらで無料おためし読み可能です。

>>まんが王国<<

 

 


愚者の皮 最後は…


復讐に染まっていくかと思いきや、

最後の終わり方は、愛にあふれた最後となります。

たしかに、成形に失敗し。、夫に見限られたたあよは

復讐に染まっていくのですが、

その過程で気が付きます。

心がいかに大切だということが。

そして、自分の容姿も心に影響されているということが。

後半の怒涛の展開も、つい読み込んでしまうのでぜひ読んでみてください。

愚者の皮

こちらで無料お試し読み可能です。

>>まんが王国<<

櫻狩り 『ふしぎ遊戯』の作者:渡瀬悠宇が描く狂気と禁断の愛の物語 感想とネタバレ

櫻狩り

作:渡瀬悠宇

sakurab

時は大正九年。一高入学を目指して上京した純朴な青年・田神正崇(たがみまさたか)は、孤独を漂わせた謎めいた美青年、侯爵家の御曹司・斎木蒼磨(さいきそうま)に出逢う。舞い散る花弁に誘われるが如く、引き寄せられた二つの魂。その時から正崇の運命が狂おしく迸りはじめ…!?愛憎入り乱れる、美しくも悲痛な大正浪漫耽美巨編!!

こちらで無料お試し読み可能です

>>まんが王国<<

 


以下あらすじ(ネタバレ含みます)


 

もろともにあはれと思へ山桜
花よりほかに知る人もなし

 

 

田神正崇

一見、好青年の主人公、。

じつは自分の生まれにまつわることで「自分はけがれた子供」という意識があり、

何がっても一人で生きていこうと決意している、影のある青年。

 

斉木蒼磨

もう一人の主人公。侯爵:斉木家の御曹司。

妾の子供ということで精神的、また、性的虐待を受けて、精神がおかしくなってしまっている。

しかし、狂気と妖艶な容姿で、周りもどんどん狂わせていく。

 

櫻子

狂気に染まった一人、蒼磨の実の妹。

櫻子の蒼磨に対する愛情からの妄執というか増悪は特にすさまじく、

中盤での櫻子の秘密と相まって、狂気が加速する。

 

 

はじめは蒼磨の境遇や、態度に好意を持っていた正崇だったが、

 

斉木家の醜悪な内情のために、なんと蒼磨に強姦され、蒼磨を増悪するようになる。

 

しかし、のちに内情を知った正崇は、自らの出自と重なる部分があり、

 

櫻子の罠にはまった蒼磨を助け、生きてほしいと伝える。

 

 

蒼磨を逃がしてしまった、櫻子であったが、正崇に指摘により、「兄を愛していた

」と気づいてしまう。そして兄を殺してしまった思い込み自殺してしまう。

 

 

救いを得た蒼磨は、自ら正崇を束縛するかもしれない、だから斉木家を出ていくように促す。

 

 

二人は再会の念を胸に分かれることとなるが…

「櫻狩り」はこちらで無料お試し読み可能です

>>まんが王国<<

 


 

櫻狩り蒼磨の最後とその後


 

櫻狩りのラストは、

蒼磨がふらつく足で、正崇と出合った庭の櫻ま歩いていき、

櫻に触れながら、

「君が生きろといったから…僕はいきる…」

っとつぶやき、この物語は終わります。

 

この終わり方は、上巻最初の和歌につながるんでしょうね。

 

もろともにあはれと思へ山桜
花よりほかに知る人もなし

 

私がお前を想うように、お前も私を想ってくれ(愛してくれ)山桜よ。

この山奥では櫻の花のほかに知る人もいないのだから。

 

正崇は蒼磨にとっての桜になったのでしょう。

 

この山奥では、つまり、醜悪な内情にまみれた斉木家では、正崇のみ、蒼磨のことを真摯に思い、そして救ってくれた。

 

この歌に、「櫻狩り」の話を当てはめていくと、最後は救われているように感じるのですが、

 

○○されてしまった蒼磨が最後どうなったのか…。

 

なぜ、生きろと…となったのに、○○な蒼磨が行き着いた先は桜だったのか。

 

決して幸せな終わり方ではなかったけど、正崇、蒼磨に救いはあったと思いたい。

個人的には蒼磨と、正崇の再開を願います。

 

話の解釈が難解なのと、BL要素もはいっておりますが、

 

丁寧な心理描写で見せてくれますし、

 

渡瀬悠宇さんの思い、こだわりが伝わってきた作品でした。

 

櫻狩り 『ふしぎ遊戯』の作者:渡瀬悠宇が描く狂気と禁断の愛の物語

こちらで無料お試し読み可能です

>>まんが王国<<

※サイト内で「櫻狩り」と検索してみてください。